FC2ブログ

記事一覧

本日8月31日はローマ皇帝カリグラの誕生日

12年8月31日にローマ帝国、第3代目皇帝カリグラが誕生しました。 カリグラはゲルマニクス(大ドルススとアントニアの長男)と大アグリッピナ(アグリッパとユリアの娘)の間の3番目の子であったため幼少より絶大な人気がありました。 本名はガイウス・ユリウス・カエサル・ゲルマニクスでしたがカリグラの通称で呼ばれました。 カリグラとは兵隊靴(分厚い底に鋲釘がびっしり打ちこまれ、履くときは革紐を甲に巻き付けた)を指し...

続きを読む

トカゲを捕まえるフクロウ

昨日に続いて本日もフクロウが刻まれたコインをご紹介。 こちらのブロンズ貨はシチリア島・カマリナで前5世紀に発行されたものです。 ウラ面にはトカゲを捕まえるフクロウがデザインされています。 フクロウに捕まり逆さになったトカゲの姿が面白い一枚です。このコインの詳細はコチラ...

続きを読む

アンフォラに乗るフクロウ

このブロンズ貨はセレウコス朝シリアで前123年頃に発行されたものです。 ウラ面にはアンフォラ(ワインなどを入れた取手つきの壺)に乗った愛嬌のあるフクロウが刻まれています。このコインの詳細はコチラ...

続きを読む

ケルトの森のクマ

この古代フランスのガリア・レミー族のブロンズ貨には可愛らしいクマが刻まれています。クマは口に蛇のような動物をくわえています。頭が大きくアンバランスな恰好のクマは可愛いらしい印象を与えます。このコインの詳細はコチラ...

続きを読む

カノープスの壺が刻まれた古代コイン

このアントニヌス・ピウス帝の時代にエジプトで発行された銀貨のウラ面にはカノープスの壺がデザインされています。 カノープスの壺は古代エジプトでミイラの内臓を入れた容器。 このコインのカノープスの壺の蓋はエジプトの冥府の神オシリスの頭となっています。このコインの詳細はコチラ...

続きを読む

古代フェニキアの神の肖像

この銀貨は古代フェニキア人が前4世紀に発行したものです。 オモテ面にはフェニキア人の農耕の守護神バールと思われる男神の肖像が刻まれています。 この肖像の特徴は大きな月桂冠と多くの球体で表された髪の毛、そして福耳です。 特に球体で表された髪と福耳は日本の大仏を思わせる様相です。このコインの詳細はコチラ...

続きを読む

羽飾りが美しい兜をしたアテナ神

このシチリア島・カマリナで前5世紀に発行されたブロンズ貨のオモテ面には美しい兜のアテナ神の肖像が刻まれています。 アテナ神はゼウスとメティスの娘で戦争、知恵、技芸の守護神です。 メティス(知恵の女神)を最初の妻にしたゼウスは、彼女から生まれる男の子に自分の王位を奪われる運命をクロノスとガイアから知らされ、すでにアテナを妊娠していたメティスを飲み込んでしまいました。 そして陣痛により頭が痛くなったゼウス...

続きを読む

79年8月24日、ヴェスヴィオ山大噴火の日

79年8月24日はヴェスヴィオ山大噴火が起こりポンペイが地中に葬られた日。 この時の皇帝は在位してまだ2ヶ月のティトゥスでした。 ティトゥスは噴火後すぐにポンペイに救援物資を送り、その後自ら被災地に慰問しました。このコインの詳細はコチラ...

続きを読む

ロブスターが刻まれた古代コイン

このミシア・プリアプスで前3世紀に発行されたブロンズ貨には、 古代コイン図像の中では大変珍しいロブスターが刻まれています。 背中を曲げたロブスターが生き生きとしていて今にも動き出しそうです。このコインの詳細はコチラ...

続きを読む

共和政期 古代ローマコイン ふりかえるヘラクレスの肖像

この古代ローマ、共和政期の銀貨のオモテ面には、後ろ姿のヘラクレスが顔を左に振り向けた様子が刻まれています。 右肩にはヘラクレスの武器である棍棒(ヘラクレスは棍棒で殴ってネメア―の獅子を退治)を担いでいます。 ヘラクレスのどこか遠くを見つめた眼差しが美しい一枚です。このコインの詳細はコチラ...

続きを読む

重なり合うイルカが刻まれた古代ギリシャコイン

この前5世紀にトラキア・タソスで発行されたオボル銀貨には可愛らしいイルカ2頭が刻まれています。 イルカ2頭それぞれが反対方向を向いて重なり合っているデザインがシンボルのようで面白いです。このコインの詳細はコチラ...

続きを読む

古代ローマのワイン祭り  Vinalia ウィーナーリア 8月19日はブドウ収穫祭

8月ももう終わりが近づいてきました。 この季節、八百屋さんやスーパーには様々な種類の美味しいブドウが並べられていますね。 古代ローマでも8月はブドウ収穫の時期でした。 毎年8月19日にはVinalia ウィーナーリアと呼ばれたブドウ収穫祭が行われました。 8月のウィーナーリアは、ブドウの収穫を祝い、雌の子羊がユピテル神に仕える神官によって生贄にされ、ユピテル神に捧げられました。 また、ウィーナーリアは4月にも...

続きを読む

14年8月19日、ローマ初代皇帝アウグストゥス死去

14年8月、 アウグストゥスはカプリ島に滞在した後、ローマに戻る途中体調を崩し、ポンペイ近くのノラという町の別荘に立ち寄りそこで静かに息を引き取ったとされています。 77歳の誕生日まであと1ヶ月の8月19日のことでした。 また一説では、皇后リウィアがイチジクに毒を塗ってアウグストゥスを暗殺したという話もあります。 カシウス・ディオは想像を膨らませてこのことについて記しました。 アウグストゥスは自分で果物をもい...

続きを読む

古代ケルトコイン 優しい目をした馬の肖像

この銀貨は前1世紀に古代フランスのケルト人、カヴァレース族が発行したものです。 カヴァレース族はフランス南東部ローヌ川周辺に居住していました。 コイン、ウラ面の馬の肖像が特に素晴らしいです。 馬の目は優しく表情豊かで可愛らしいです。 たてがみが曲線とドットで表されていているのも面白いです。このコインの詳細はコチラ...

続きを読む

空想動物キマイラが刻まれた古代ギリシャコイン

このシキオンで前4世紀に発行された銀貨にはキマイラが刻まれています。 キマイラは伝説上の怪物でライオンの頭部、山羊の胴体、毒蛇の尻尾を持っていました。 口から火を吐くことで恐れられていたキマイラは、イオバテス王の国リュキアを襲い、家来を焼き殺し王国を混乱に陥れていましたが、ペガサスに乗ったコリントスの英雄ベレロポンによって殺されました。このコインの詳細はコチラ...

続きを読む

古代オリンピック5日目:閉会式

古代オリンピック最終日、5日目は閉会式が行われました。 各競技の優勝者がゼウス神殿のゼウス像の前でオリーブの冠を授与され、その後神殿の外に出た勝者はオリーブの葉のシャワーを浴びながら観客の間を行進しました。 そして勝者たちはプリュタネイオン(迎賓館)へと案内され、そこで豪華な祝宴が開かれオリンピックの勝利に酔ったのでした。このコインの詳細はコチラ...

続きを読む

423年8月15日西ローマ帝国皇帝ホノリウス命日

423年8月15日西ローマ帝国皇帝ホノリウスが死去。 ホノリウスは、キリスト教を国教化したテオドシウス1世の次男であり、テオドシウスの死後、ローマ帝国は西と東に分けられ、東ローマ帝国は17歳の長男アルカディウス、西ローマ帝国はまだ10歳であったホノリウスに与えられました。 西ローマ帝国の初代皇帝となった、ホノリウスでありましたが、治世中、西ローマ帝国はゲルマン民族の侵入に脅かされ続けました。このコインの詳細は...

続きを読む

古代オリンピック4日目:徒競走・格闘技・武装競争

本日は先日に引き続き、古代オリンピック4日目について。 いよいよ競技の最終日4日目の午前中には徒競走、短距離走・中距離走・長距離走が行われました。 午後には格闘技、レスリング・ボクシング・パンクラティオンが行われました。 そして夜には、現代人には馴染みがない、一風変わったホプリトドゥロミアと呼ばれる武装競争が行われました。 武装競争は裸に兜のみをつけ、盾を持って徒競走した競技です。このコインの詳細はコチ...

続きを読む

前29年8月13日~15日、オクタヴィアヌスのエジプト征服を祝った凱旋式

前30年8月12日のエジプト女王クレオパトラの死を持ってエジプト征服を果たしたオクタヴィアヌスは、その後アレクサンドリアに滞在し、いろいろな所を旅行したと伝えられています。 中でも有名な話はオクタヴィアヌスが尊敬するアレキサンダー大王の墓に訪れ敬意を表したとされています。 そして前30年8月29日にオクタヴィアヌスはイタリアに帰還。 その後、約1年後の前29年8月13日~8月15日に、オクタヴィアヌスはローマでエジプト...

続きを読む

前30年8月12日、クレオパトラ最期の日

前30年8月12日、エジプト最後の女王クレオパトラ7世が自害。 前31年9月2日のアクティウムの海戦での完敗後、アントニウスとクレオパトラはアレクサンドリアに戻り最後の冬を2人で過ごしました。 再び夏が来れば、オクタヴィアヌスが軍を引き連れ攻めてくることを予期していたアントニウスとクレオパトラは「シュンポタヌメネノイ」(死をともにする人たち)の会を結成し、毎晩のように饗宴を繰り広げ、迫りくる死に耐えていました。...

続きを読む

古代オリンピック3日目:雄牛の生贄と少年競技

本日は先日に引き続いて、古代オリンピック3日目について。 古代オリンピックは現代のオリンピックとは違って、競技をしたり見たりすることが目的であったわけではありません。 聖地であるオリンピアで最高神ゼウスを称えることが目的で、オリンピック開催中には宗教儀式が数多く行われました。 3日目の午前中には古代オリンピックの最も重要な宗教儀式、ゼウスの祭壇で雄牛100頭が生贄にされました。 午後には少年たちが行っ...

続きを読む

古代フランスのケルト人、アロブロゲース族の銀貨

この古代ケルト、アロブロゲース族の銀貨の簡素で美しい肖像にご注目下さい。 神と思われる肖像はわずかの曲線で輪郭、耳、髪の毛が表現されています。 口と鼻はしずくのような形をしていて魅力を感じます。 頭の月桂冠ももはや原型(古代ケルトコインのデザインの原型はマケドニアの月桂冠をしたアポロンが刻まれたコインに因る)を留めておらず、縄文様のようになっています。このコインの詳細はコチラ...

続きを読む

前48年8月9日、ファルサルスの戦い

前48年8月9日、 ユリウス・カエサルとポンペイウス率いる元老院派がファルサルス(ギリシャ・テッサリア地方)で激戦。 ポンペイウスは敗北し、ポンペイウスと同盟を結んでいたプトレマイオス12世の子供たち、クレオパトラとプトレマイオス13世が統治するエジプトに向かうも、裏切られ殺害されたのでした。 このポンペイウスの息子セクストゥス・ポンペイウスが発行したデナリウス銀貨には、父ポンペイウスの肖像が刻まれています。 ...

続きを読む

古代オリンピック2日目:馬術競技・ペンタスロン(5種競技)

本日は先日ご紹介しました古代オリンピック1日目に続いて、古代オリンピック2日目について。 5日間開催された古代オリンピックの2日目には、いよいよ競技が始まりました。 まず午前中には古代ギリシャ・ローマ世界において最も人気の高かった馬術競技が行われました。 4頭立て戦車競走につづいて、2頭立て戦車競走、競馬競争、下馬競争などが行われました。 戦車競走は1959年の映画『ベン・ハー』のなかでリアルに再現されたように...

続きを読む

本日8月7日はコンスタンティウス2世の誕生日

コンスタンティウス2世はコンスタンティヌス大帝とファウスタの子で317年8月7日にイリュリクムで誕生。 正帝の称号を得たコンスタンティヌス1世の3人の息子たちは、大帝の死後、政権をめぐり争い、コンスタンティウス2世1人が生き残りました。 コンスタンティウス2世は広い帝国を支配するには共同統治者が必要であったため、 355年にアテネ留学中であったユリアヌスを副帝として呼び戻し、ガリア・ライン川国境の管理を任せたまし...

続きを読む

古代オリンピック1日目、開会式:選手宣誓や文化の祭典

本日、日本時間 8月6日の6:00より、リオ・オリンピックの開会式が始まります。 今回のオリンピックではいったいどんな演出がされるのか楽しみですね。 そこで本日は、古代オリンピックの開会式はどのようなことが行われていたのかをご紹介したいと思います。 古代オリンピックの開催期間は、現代オリンピックのように長期開催ではなく、期間はわずか5日間でした。 まず1日目には現代と同じように開会式が行われました。 明...

続きを読む

本日いよいよリオ・オリンピック2016開幕!古代のアスリートのコイン

本日8月5日、いよいよリオでのオリンピックが開幕です! 当ギャラリーではオリンピック開催を記念して今月8月末まで「古代オリンピックが刻まれた古代コイン展」を開催中です。 今日はこの企画展にて展示中の1枚をご紹介。 この緑が美しいブロンズ貨はウァレリアヌスの時代にキリキアのタルソスで発行されたもので、 ウラ面には裸のアスリート3人がデザインされています。 この3人のアスリートは古代競技会(古代では古代オリ...

続きを読む

復活するフェニックス(火の鳥)が刻まれたコンスタンス1世の銅貨

8月に入り灼熱の太陽が姿を見せる毎日となりました。 そこで本日は灼熱の鳥、火の鳥フェニックスが刻まれた古代ローマコインをご紹介します。 フェニックスは黄金の尾羽と真っ赤な翼を持った伝説上の鳥で、 その起源は古代エジプトの太陽崇拝と関連しているとされています。 フェニックスは500年生きると、自分で薪を積み上げ巣をつくり、そこに籠り、太陽の力を借り巣に火をつけ、焼死します。 全てが燃え尽き灰となると、そ...

続きを読む

凱旋ランニングをするボクサーが刻まれた古代ローマコイン

本日ご紹介するのは当ギャラリーで現在開催中の企画展「古代オリンピックが刻まれた古代コイン展」(2016年8月31日まで)の中からの一枚。 このコインは古代ローマ、共和政期に発行されたデナリウス銀貨です。 古代ローマコインの図像では大変珍しいことに、コイン、ウラ面には走るアスリートが刻まれています。 この走るアスリート、左手に外されたカエストゥスを持っていることからボクシングの選手であることがわかります。 カエ...

続きを読む

前216年8月2日、カンナエの戦い

前216年8月2日、第二次ポエニ戦争時、ローマ軍とカルタゴ軍がイタリア半島南東のカンナエで一戦を交えました。 ハンニバル率いるカルタゴ軍は、カルタゴ軍の2倍もの兵士を持ったローマ軍に圧勝しました。 このブロンズ貨は第一次ポエニ戦争末期にカルタゴで発行されたものです。 美しい緑をしたコインのオモテ面には耳飾りをつけたタニトの肖像が刻まれています。 タニトはフェニキアの大女神アシュタルテのカルタゴ名。カルタゴの...

続きを読む

プロフィール

古代コイン専門ギャラリー Parisii パリシー

Author:古代コイン専門ギャラリー Parisii パリシー
ローマコイン・ケルトコイン・ギリシャコインを扱う古代コインギャラリーParisii パリシーの中村です。
古代コインを通して、日々、世界を探求しています。
パリシーのHPはコチラ