FC2ブログ

記事一覧

古代オリンピック、レスリングのコイン

本日は現在開催中の企画展「古代オリンピックが刻まれた古代コイン展」の中からの一枚をご紹介。 このパンフィリア地方アスペンドスのスタテル銀貨にはレスリングをする2人の選手が刻まれています。 レスラーはお互いそれぞれの手をつかみ、今にも次の手に出ようとしている瞬間。 古代レスラーたちの一瞬の緊張感を表現した古代ギリシャの芸術品です。 レスリングは、前708年にはすでにオリンピックの種目でした。 前410年ごろに...

続きを読む

古代ギリシャ最強の武器、ボイオティアの盾

ボイオティアは古代ギリシャ中央部の地方で、南にコリント湾、北東にエウボイア湾を控え、その中心地は都市テーバイでした。 前6世紀頃にはテーバイを中心にボイオティアの諸国が都市国家連合を結成しました。これをボイオティア同盟と呼びます。 テーバイはアテネ、スパルタと覇権を争った最強の軍団を持った国家でした。 このテーバイの2分の一ドラクマ銀貨にはボイオティアの盾と呼ばれる、独特な形をした盾が刻まれています。 ...

続きを読む

古代オリンピックの賞品、トリポッド

この前5世紀にブルッティウムで発行されたスタテル銀貨にはトリポッドと鳥(さぎ)が刻まれています。 トリポッドは神殿に置かれたりした三脚台で、特に有名なのはデルフォイ神殿の巫女が座ってアポロンの神託を告げた三脚台です。 またトリポッドは古代オリンピックでも賞品として授与されていました。 オリンピアのスタディオンからトリポッドの残骸がたくさん発掘され、優勝者が捧げものとして置いていったのではないかと考えられ...

続きを読む

なぞなぞ 古代ケルトコインに隠された顔

今日の一枚はなぞなぞです! この前1世紀にブリタニアの古代ケルト人が発行した金貨の図像の中には「人の顔」が隠されています。 どこに隠されているか皆さまお解りでしょうか。 コインを回転させてみるとわかりやすいです。 答えは画像をクリックして商品ページをご覧下さい!...

続きを読む

363年6月26日、ローマ皇帝ユリアヌス最期の日をめぐる伝説

363年3月、ユリアヌスは帝国の東方国境に侵入してきたペルシアと戦うためにペルシア遠征へと出発。 5月末、ユリアヌス軍はペルシアの冬の首都クテシフォンに到達し、城外での戦闘では勝利しましたが、クテシフォンの街は攻め落とすことができず、撤退に移りました。 そして撤退の旅路、6月26日。 ティグリス河畔のマランガでの戦いで飛んできた槍が脇腹に刺さり、陣営に運ばれ手当を受けるも甲斐なく死去。32歳の若さでした。 ユリ...

続きを読む

79年6月24日、ティトゥス帝即位

79年6月24日、前日に亡くなったウェスパシアヌスの長男のティトゥスが皇帝に即位。 ティトゥスは父ウェスパシヌスが72年に着工したコロッセオの建設を80年に完成させました。 落成セレモニーとして「百日競技会」が開かれ、剣闘士の試合等で9000頭もの野獣が殺されたと言われています。 しかしそのわずか1年後、81年に高熱に襲われ41歳の若さでこの世を去りました。 たった2年間の在位でしたが、その功績は輝かしく...

続きを読む

6月23日はローマ皇帝ウェスパシアヌスの命日

79年6月23日、古代ローマ皇帝ウェスパシアヌスが病死。 ウェスパシアヌスは騎士身分出身のたたきあげの軍人で、クラウディウス帝下にブリタニア遠征軍の司令官となり成功を収め、51年コンスル(執政官)に就任。 ネロ帝の時代にはアフリカ総督となり現地で収奪を行い財をなしたとされています。 芸術愛好家のネロが歌を披露した際に、ウェスパシアヌスが居眠りをしたが罰せられなかったエピソードは有名です。 その後、ネロからユダ...

続きを読む

6月22日はピュドナの戦いの日 ローマ VS マケドニア

前168年6月22日。 ピュドナ(現在のギリシャ・カテリニ近郊)でパウルス・マケドニクス率いるローマ軍とマケドニア王ペルセウス率いるマケドニア軍が戦い、ローマ軍が大勝。 マケドニア王ペルセウスは逃亡するも、サモトラケ島で捕えられ、パウルスの凱旋式で見世物にされ、その3年後に獄死。 これによってマケドニア王国は崩壊し、マケドニアはローマ属州への道を歩み始めたのでした。 このマケドニアの盾の中に配置されたア...

続きを読む

競馬をするカストロとポリュデウケス

この躍動感のある図像が刻まれた銀貨は前3世紀にタラント(イタリア半島南)で発行されたものです。 競馬をしているのはゼウスの双子の息子、カストロとポリュデウケスです。 彼らはゼウスが白鳥に化けてレダと交わって、レダが産み落とした卵から産まれた兄弟。 兄カストルは馬術の名手で弟ポリュデウケスは拳闘に秀でていたと伝えられています。 競馬をする2人の楽しそうな様子が伝わってくる一枚です。...

続きを読む

古代ケルトの太陽のシンボル、車輪

本日は古代ケルトの車輪のコインをご紹介。 ケルト世界では車輪は太陽のシンボルでした。 車輪の放射状の部分が、太陽の光と類似していること。太陽が動く様子と車輪が回る様子が重なることなどがケルト人が車輪を太陽のシンボルとした理由としてあげられます。...

続きを読む

本日は「父の日」、父と息子の金貨

本日6月19日は父の日なので、父と息子が刻まれたビザンツコインをご紹介。 このコンスタンティノープルで発行された金貨には、ビザンツ帝国皇帝ヘラクレイオスの立像が中央に、その両隣に息子たち、長男であるコンスタンティノス3世、次男のヘラクロノスの立像が刻まれています。 それぞれが手に十字架のついた宝珠を持っています。...

続きを読む

古代オリンピック開催地オリンピアの鷲のコイン

本日、ご紹介するコインは現在開催中の企画展「古代オリンピックが刻まれた古代コイン展」の中からの一枚。 この素晴らしいスタテル銀貨は、古代オリンピック開催地オリンピアで発行されたもので、 オモテ面にはゼウスを象徴する鷲の横顔が刻まれています。 鷲の鋭い目とくちばしが強烈な印象を与えます。 第93回オリンピアード(前408年)頃に発行されたと推定されています。...

続きを読む

ユリアヌス帝、6月17日の教育勅令

帝政末期の有名なローマ皇帝ユリアヌスは、時流に逆らいローマの伝統宗教、つまり多神教を深く愛した人物。 ユリアヌス帝は当時、勢力を伸ばしていたキリスト教を押さえつけるために、 362年6月17日、皇帝が承認した教師だけを公式の学校で雇う勅令を出しました。 これによって事実上、ユリアヌスはキリスト教徒の教師を排除。 当時の文学の核であったギリシア古典を、ギリシアの神々を信仰していないキリスト教徒が教えるべ...

続きを読む

Celtic Beauty!

この古代ケルト、ガリア・ドゥロカシー族が発行したポタン(ケルトコインの鋳造貨)の肖像は独特な魅力を放っています。 空を見上げる肖像の髪は3本の線で表されていて、それぞれの線が先端で円をつくっています。 ぼってりとした唇も個性的です。 斬新な美しさを放つケルッティック・ビューティー。...

続きを読む

シチリア島シラクサの伝説、アレトゥーサの泉

本日は6月のジメジメした暑さを爽やかに吹き飛ばしてくれそうな、シチリア島・シラクサの泉の伝説をご紹介。 ことの始まりは、古代オリンピックの開催地オリンピアのそばを通るエリスの川でのこと。 アルテミスに使える精霊アレトゥーサが水浴をしていると、川の神アルペイオスがアレトゥーサの美しさに心奪われ求愛。 アレトゥ―サはこれを拒み、海を越えシチリアのシラクサまで逃れ、アルテミスに助けを求めました。 アルテミス...

続きを読む

3匹の子豚の古代ローマコイン

この希少な古代ローマ、ウェスパシアヌス帝のデナリウス銀貨のウラ面には母豚と3匹の子豚が刻まれています。 母豚の下で列をなしている3匹の子豚がとても可愛らしいです! フラウィウス朝(ウェスパシアヌス・ティトゥス・ドミティアヌス)では動物のモチーフが盛んにコインに取り入れられました。 3匹の子豚と母豚は自然の恵みや子孫繁栄を表しているのかもしれません。...

続きを読む

古代ケルト、幻想の金貨

この美しい金貨は古代ケルト、ガリア・アンビアーニ族(現フランス・ピカルディー地方)が前1世紀に発行したものです。 右に向かって駆ける馬は、胴体は曲線、足の関節は点であらわされ、文様化されています。 馬の上にはいくつかの球、三日月のような曲線、トルク(ケルト人の首飾り)などがちりばめられています。...

続きを読む

座ってもの思いにふけるローマ神、情緒あふれる古代ローマの最高傑作

この古代ローマ共和政期の美しいデナリウス銀貨のウラ面にはローマ神が刻まれています。 ローマ神は都市ローマを疑神化した女神です。 重なった盾の上に座るローマ神は、何やら物思いにふけっている様子です。ローマの平和を思っているのか、はたまた他の神々のように美青年に恋心を抱いているのでしょうか・・・ ローマ神の両側には平和のシンボルハト、ローマ神の足元には雌オオカミの乳を飲むロムルスとレムスがいます。 古代ロ...

続きを読む

古代オリンピック、競馬種目優勝者のコイン

本日は現在開催中の企画展「古代オリンピックが刻まれた古代コイン展」で展示中の一枚をご紹介します。 このコインはアレクサンダー大王の父、フィリッポス2世の治世下に発行された銀貨で、ウラ面にはシュロを持って馬に乗る競馬選手が刻まれています。 この図像は前356年にマケドニアがオリンピックの競馬種目で優勝したことを記念したものと考えられています。 選手が持っているシュロは古代オリンピック優勝者に与えられた...

続きを読む

古代ローマ皇帝カリギュラが溺愛した妹ドルシラ

古代ローマ第3代皇帝カリギュラには3人の妹、リウィア、ドルシラ、アグリッピナがいましたが、カリギュラは中でも2番目の妹で4歳年下のドルシラを溺愛したとされています。 その溺愛ぶりがわかるエピソードが残されています。 古代ローマでは家に客人を呼んで会食を開く際には、夫と妻が会を取り仕切るのが習わしでしたが、カリギュラは妻を差し置いて、 妹ドルシラにホスト役を務めさせ妻が座るべき場所にドルシラを座らせて...

続きを読む

皇帝ネロの呪われた日、6月9日

ネロ。 彼は近親者を死に追いやったことや、キリスト教徒をローマの大火の犯人としたことなどから、歴史上最も悪名高い人物として有名です。 そして、本日6月9日はネロの呪われた日と言えます。 なぜならネロに関する血なまぐさい事件が2つも6月9日に起きているからです。 まず1つ目は、 68年6月9日、ネロ自殺。 わずか18歳でローマ皇帝につき、哲学者セネカの補佐により初めは善政を行いましたが、徐々にネロは混乱し...

続きを読む

218年6月8日、マクリヌス最期の日

マクリヌスは165年頃にマウレタニア(現アルジェリア)で出生。 カラカラ帝のもとで、親衛隊長官に抜擢され頭角を現しました。 その後、近衛将校をそそのかしカラカラを刺殺させ帝位につきました。 218年、カラカラの伯母ユリア・マエサは策略によってシリアの軍団にエラガバルスの皇帝推戴をさせ、マクリヌスを打倒。 マクリヌスは敗走の後捕えられ、6月8日に処刑されたとされています。...

続きを読む

古代ローマ、漁師祭の日

古代ローマでは、6月7日に漁師の祭り(Ludi Piscatorii)が開かれました。 この日に漁師たちがローマ、テヴェレ川で採った魚をウルカヌスの神殿に捧げました。 ウルカヌスは火の神ですから、もしかしたらこの神殿で捧げ物の魚を焼いてふるまったのかもしれません。 古代ローマ、漁師祭にあやかり、本日のコインはシチリア・アクラガスの魚介がデザインされた銅貨です。 このコインのオモテ面には、カニとその下に魚が刻まれていま...

続きを読む

ユノ神の聖鳥、クジャクのコイン、その2

昨日に続いて、クジャクが刻まれたローマコインをご紹介。 同じくファウスティナ2世のデナリウス銀貨の裏面にはクジャクが刻まれています。 こちらは羽を休めたタイプのデザイン。 どちらのクジャクもとても可愛らしいです。...

続きを読む

ユノ神の聖鳥、クジャクのコイン、その1

このファウスティナ2世(アントニヌス・ピウスとファウスティナの娘)のデナリウス銀貨の裏面には羽を広げたクジャクが刻まれています。 June(6月)の語源であり、女性の生活と結婚の守護神ユノの聖鳥はクジャク。 女性の最高神ユノのシンボルとしてクジャクのデザインが使われています。...

続きを読む

ユダヤ王国、ユリの花のコイン

ユリは今の季節から夏にかけて花を咲かせます。 その香りは強く、独特で私たちを酔わす、魅惑的な花。 この前2世紀に発行されたユダヤ王国のブロンズ貨には美しいユリの花が刻まれています。 ユリの花はエルサレムの象徴であったため、このエルサレムで発行されたコインのデザインに使われました。...

続きを読む

June(6月)の語源ユノ神

早いもので6月に入り3日目となりました。 本日は6月(June)の語源のユノ神のデナリウス銀貨をご紹介。 ユノ神はユピテル神の妻で、女性の生活と結婚の守護神です。 ジューン・ブライドが縁起がいいのは結婚の女神ユノにあやかるという説もあるそうです。 ユノ神はユピテル神が妻の力を借りずに自分の頭からミネルヴァを生んだことに怒り、女神フローラに相談。フローラはユノに奇跡の薬草を与え、これに触れたユノはユピテルの力...

続きを読む

本日より企画展「古代オリンピックが刻まれた古代コイン展」スタート

今年の夏はいよいよリオでオリンピックです。 オリンピック開催を記念して、港区芝ギャラリーで本日より「古代オリンピックが刻まれた古代コイン展」を開催します。 皆様のお越しをお待ちしております。 そこで本日は古代オリンピック展の中の一枚をご紹介。 このタラント・カラブリアのスタテル銀貨には古代オリンピック種目であったアナバテスを行う裸の男性が刻まれています。 アナバテスは競馬の騎手が最後のコースで馬からお...

続きを読む

66日間の古代ローマ皇帝、ディディウス・ユリアヌス

193年6月1日。 在位わずか66日間の皇帝、ディディウス・ユリアヌスが処刑された日です。 193年にコンモドゥス帝が暗殺された後、ペルティナクスが帝位につくも3ヶ月で暗殺され、ローマは混乱。 そうして、奇想天外にも親衛隊による(元老院を無視した)ローマ皇帝位の「公開競売」が行われ、資産家であったディディウス・ユリアヌスが皇位を勝ち取りました。 しかし、パンノニア総督であったセプティミウス・セウェルスもカルヌン...

続きを読む

プロフィール

古代コイン専門ギャラリー Parisii パリシー

Author:古代コイン専門ギャラリー Parisii パリシー
ローマコイン・ケルトコイン・ギリシャコインを扱う古代コインギャラリーParisii パリシーの中村です。
古代コインを通して、日々、世界を探求しています。
パリシーのHPはコチラ