FC2ブログ

記事一覧

4月30日のマクシミヌス・ダイアとリキニウスの決戦

311年ガレリウス帝の死後、ローマ帝国東部の覇権をめぐって、マクシミヌス・ダイアとリキニウスの間で争いとなりました。313年4月30日、ついに決着の時。決戦はトラキアのハドリアノポリスの近郊の平野で行われ、キリスト教軍を味方につけたリキニウスが勝利し、東部の支配者となりました。...

続きを読む

ダンスの古代コイン Let's Dance!

本日は国際ダンスデーで世界各地でダンスのイベントが開かれるそうです。 フランスの偉大なバレエの父、ジャン=ジョルジュ・ノヴェールの誕生日が4月29日だからです。 ジャン=ジョルジュ・ノヴェールはマリー・アントワネットと同じ時代のバレエ家でマリー・アントワネットの希望でパリ・オペラ座のマスターとなりましたが、フランス革命後はイギリスに亡命。 ジャン=ジョルジュ・ノヴェールが振り付けたバレエ作品の中には、他...

続きを読む

ケルトの森へいざなう古代ケルトコイン

4月も残すところあと少し。5月になれば新緑の季節です。 本日は古代ケルト、ガリア・アンビアーニ族のコインをご紹介。 このブロンズ貨のオモテ面のデザインは3つの動物がひしめきあいながらも、美しい文様ととして完成されています。 イノシシの上に曲線が美しい馬、そして馬の左側には牛の頭が刻まれています。 このアンビアーニ族のコインを見ていると、コイン自体のブロンズの色、緑のせいもあってか、まるで古代ケルトの森に...

続きを読む

本日4月27日は「哲学の日」 ソクラテスの時代のアテネのコイン

4月27日は「哲学の日」だそうです。 前399年、4月27日にギリシャ・アテネの哲学者ソクラテスが獄中で毒死したからです。 ソクラテスは前469年頃にアテネで生まれたとされています。 この有名なアテネのふくろうのコインはちょうどソクラテスが生まれたころに発行されました。...

続きを読む

4月26日は哲人皇帝マルクス・アウレリウスの誕生日

マルクス・アウレリウスは121年、4月26日にローマで誕生。 軍事よりも哲学を愛し、ゲルマン人との戦時中に『自省録』を記しました。 『自省録』より、好きな言葉を抜粋します。 「万物は変化しつつある。君自身も絶えざる変化の中にあり、ある意味で分解しつつある。然り、宇宙全体がそうなのである。」 第9巻より...

続きを読む

古代ローマ水道橋のコイン

現在開催中の企画展、「ローマコインで旅する古代ローマ遺跡展」にて展示中の1枚をご紹介。 この古代ローマ共和政期のコインには現在も一部が現存するマルキア水道橋が刻まれています。この貨幣を発行した人物の祖先がマルキア水道橋を造った人物であったため、コインに水道橋を刻みました。AQUA(水道)の文字も水道橋のアーチの間に確認できます。 「水を制する者は国を制する」という言葉があるように、水道橋をつくったという祖...

続きを読む

今年のオリンピックの聖火リレーがオリンピアでスタート

つい何日か前に、今年のリオ、オリンピックにむけての聖火リレーがギリシャ・オリンピアでスタートしたそうです。 3ヶ月かけてリオデジャネイロまで聖火が運ばれる模様。 ギリシャ神話では火はゼウスのもとからプロメテウスが盗んできた神聖なものとされていて、古代オリンピックの開催中にオリンピアの神殿で聖火がともされていました。 聖火リレーは近代オリンピックのイベントで1936年のベルリンオリンピックより始まりました。...

続きを読む

古代ケルトのだまし絵コイン

現在のフランス・ピカルディ地方に古代に暮らしていたケルト人が発行したこの貨幣は大変おもしろい図像です。 まず正面から見ると、ネズミが2匹向かいあっているように見えます。ひっくり返して見るとヤギ2頭が向かい合っているように見えます。古代ケルト人の貨幣図像の斬新さには常に驚かされます。...

続きを読む

99日間の皇帝バルビヌス

本日、4月22日は238年にバルビヌスがプピエヌスの共同皇帝として元老院から擁立された日です。しかし、わずか99日後に親衛隊によってプピエヌスとバルビヌスは殺害されたのでした。 たった3か月間の皇帝であったので、貨幣発行数はもちろん少なく、現在ではかなりのレアコインで入手困難!...

続きを読む

本日4月21日はローマ建国日

本日は4月21日。ロムルスによってローマが建国された日とされています。 ロムルスはローマを建国したものの女性が少なかったため、近隣国のサビニ人の女性たちをさらってきたのでした。 このデナリウス銀貨にはその誘拐の場面が刻まれています。 兵士2人、それぞれが女性を抱えています。...

続きを読む

明日はローマ建国日 古代ローマ建国者ロムルスのコイン

古代ローマ建国神話では前753年、4月21日にロムルスがローマを建国したとされています。 このデナリウス銀貨には捨て子となった双子のロムルスとレムスがオオカミに乳をもらっている場面が刻まれています。 のちにロムレスは弟レムスを倒し、ローマ初代王となりましたが、このコインに刻まれた赤子の頃の2人はまだ仲睦まじい様子です。 乳を与えるオオカミの表情に母性を感じる一枚です。...

続きを読む

もうすぐ薔薇の季節です 美しいバラの銀貨

今年ももうすぐ春が終わり、初夏の季節がやってきそうな暑さです。 来月になり薔薇が各地で花開くのが待ち遠しいです。 このカリア地方のドラクマ銀貨には、横から見た美しいバラの花が刻まれています。 花が開ききる前、バラの花の一番美しい時が刻まれています。...

続きを読む

古代ローマ4月の祭、ケレス神の祭

古代ローマではちょうど今の時期、4月の中旬から下旬にかけて、ケレス神(豊穣の女神)を称える祭、ケレアーリアが開かれました。 祭りでは、キルクス・マキシムス(ローマの競技場)で馬のレースやキツネの尾に松明をつけて放す儀式などが行われました。 この共和政期のデナリウス銀貨には蛇に車をひかせ、松明を持つケレス神が刻まれています。蛇車に乗るとはなんとも独特なケレス神です。...

続きを読む

プロフィール

古代コイン専門ギャラリー Parisii パリシー

Author:古代コイン専門ギャラリー Parisii パリシー
ローマコイン・ケルトコイン・ギリシャコインを扱う古代コインギャラリーParisii パリシーの中村です。
古代コインを通して、日々、世界を探求しています。
パリシーのHPはコチラ