FC2ブログ

記事一覧

前137年発行、ティベリウス・ウェトゥリウスのデナリウス銀貨に刻まれたローマ宣誓の儀式

上写真は前137年にローマで発行されたデナリウス銀貨である。このデナリウス銀貨は、75年ほど続いたオモテ面にローマ神、ウラ面に馬にのるディオスクロイという、デナリウスの定番意匠から脱した、注目すべき1枚である。オモテ面には羽飾りのついた兜を被った軍神マルス神が刻まれている。マルス神はローマにおいてこの上なく重要な神であった。ローマ建国神話の初代王ロムルスとその双子の兄弟レムスは、マルスがウェスタの...

続きを読む

アクティウムの海戦勝利を記念したアクティウムのアポロンが刻まれた、アウグストゥス帝の銀貨

古代ローマ帝国初代皇帝アウグストゥスのコインの肖像や彫刻を見ているといつも思うことがあります。「アウグストゥスの顔ってイケメンすぎやしないか・・・」ということ。ローマ・マッシモ宮のポンティフェクス・マキシムス(最高神祇官)姿のアウグストゥスの彫像 前1世紀頃アウグストゥスが美男であったことは歴史家の記述にも残されていて周知の事実ではありますが、それにしても本物の人間ではないかのような美しさ。理想化さ...

続きを読む

アウグストゥスがパルティアから奪回した軍旗が刻まれた銀貨

本日紹介します古代コインは古代ローマ初代皇帝アウグストゥスのデナリウス銀貨です。この銀貨は前19年にコロニア・パトリキア(現スペイン・コルドバ)で発行されたもので、オモテ面はアウグストゥスの肖像が刻まれています。そしてウラ面には誓願の盾と軍旗が表されている。誓願の盾は前27年にオクタウィアヌスが元老院からアウグストゥスの称号を贈られた時に、奉納された金の盾で、クリア・ユリアに置かれたという。そして盾...

続きを読む

188年4月4日、ローマ皇帝カラカラ誕生

188年4月4日に、セプティミウス・セウェルスの長男カラカラがガリアのルグドゥヌム(現フランス・リヨン)で誕生。カラカラはあだ名で本名はルキウス・セプティミウス・バッシアヌスでした。カラカラとはガリア人のフード付きチュニックのことで、彼が幼少期にカラカラを愛用していたことからカラカラと呼ばれるようになったのでした。ガリア人のチュニック、カラカライメージカラカラのデナリウス銀貨...

続きを読む

子供を差し出すガリア人が刻まれたアウグストゥスのデナリウス銀貨

このアウグストゥスのデナリウスの銀貨のウラ面には、アウグストゥスに子供を人質として差し出すガリア人の姿が刻まれています。この貨幣が発行されたルグドゥヌム(現在のリヨン)は、カエサルのガリア征服後、北ガリアの首都となりローマ都市となっていきました。ローマへの忠誠を象徴するために、ガリア民族がローマとアウグストゥスに捧げた祭壇がルグドゥヌムにつくられたとストラボンは述べています。祭壇には北ガリアの60の...

続きを読む

プロフィール

古代コイン専門ギャラリー Parisii パリシー

Author:古代コイン専門ギャラリー Parisii パリシー
ローマコイン・ケルトコイン・ギリシャコインを扱う古代コインギャラリーParisii パリシーの中村です。
古代コインを通して、日々、世界を探求しています。
パリシーのHPはコチラ