FC2ブログ

記事一覧

10月15日は古代ローマ、Equus October(10月の馬)の日

古代ローマでは10月15日にEquus October(10月の馬)と呼ばれる軍神マルスに捧げる儀礼が行われました。カンプス・マルティウス(マルスの野)で2頭立て戦車レースが行われ、優勝したチームの2頭立て戦車の右側の馬が槍でつかれ生贄にされました。生贄の馬は頭と尾を切断されました。馬の頭の奉納をめぐってVia Sacraの周辺に住む富裕層とSubra周辺に住む下層の間で勝負が行われ(何の勝負が行われたかは不明)勝利した方の指定の場所...

続きを読む

初代皇帝アウグストゥスを称える祭り、ルディ・アウグスターレス

古代ローマではスラやカエサルを称える祭りが行われたように、アウグストゥスを称える祭り、ルディ・アウグスターレスが10月に開かれました。この祭りはアウグストゥスの生前にすでに開かれていましたが、アウグストゥスの死後、ティべリウスの時代には祭りの期間がのばされ10月3日~10月12日の10日間行われるようになりました。祭りでは生贄などの宗教儀式や戦車レースが行われました。このコインの詳細はコチラ...

続きを読む

古代ローマ、ユリウス・カエサルの勝利を祝う祭り 7月20日~30日に行われたルディ・ヴィクトリアエ・カエサリス

古代ローマでは、7月20~30日にルディ・ヴィクトリアエ・カエサリスLudi Victoriae Caesaris(カエサルの勝利を祝う祭り)が行われました。この祭りはユリウス・カエサルのファルサルスの戦いの勝利(前48年8月9日、カエサルがポンペイウスにテッサリアで勝利した戦い)を記念して、前46年の9月26日に初めて開かれました。翌年の前45年にはカエサルの誕生月である7月に開かれ、7月6日~13日の8日間行われたアポロン神を称える祭...

続きを読む

夏の暑さを吹き飛ばせ!?ネプトゥナリア(ネプチューンを称える祭)

古代ローマでは、夏の暑さ真っ盛りの7月23日から2日間、ネプチューン(水の神、海神)を称える祭り、ネプトゥナリアが開かれました。 祭りの期間、ローマの人々は夏の日差しを避けるために、木の枝や葉を使った小屋を建て、その中で飲んだり食べたりして楽しみました。 まるで現代のビアガーデンみたいですね。 飲んだり食べたりして夏の暑さを吹き飛ばそうとするのは、いつの時代の人々にも共通する楽しみなんですね。このコイ...

続きを読む

アポロン神を称える祭り、ルディ・アポリナレス

古代ローマでは7月6日~13日の8日間、チルコ・マッシモでルディ・アポリナレス(Lidi apollinares)というアポロン神を称える祭りが開かれ、生贄、競技、演劇などが行われました。 ルディ・アポリナレスの起源は前212年に遡ります。 当時ローマは第2回ポエニ戦争時。 前216年のカンネーの戦いの大敗(ローマ軍がイタリア・カンネー村付近でハンニバル率いるカルタゴ軍に大敗。ローマ軍7万人が戦死したと推定されている)...

続きを読む

プロフィール

古代コイン専門ギャラリー Parisii パリシー

Author:古代コイン専門ギャラリー Parisii パリシー
ローマコイン・ケルトコイン・ギリシャコインを扱う古代コインギャラリーParisii パリシーの中村です。
古代コインを通して、日々、世界を探求しています。
パリシーのHPはコチラ